FF10の評価【感動的なストーリーの名作!システムも良好】

FF10の評価【感動的なストーリーの名作!システムも良好】

シリーズの中でも高い評価を得ているFF10を解説します。

記事の内容
  • FF10の評価
  • FF10のストーリー
  • FF10のシステム

恋愛父と子というテーマで多くの人を感動させたストーリー。

全体的に良好なシステム。今なお愛され続けているBGM。

FF10のストーリーとシステムを振り返ります。

タップできる目次

FF10の評価

FF10の評価

FF10は2001年にプレイステーション2で発売されたRPGです。

FF10が評価された点
  • 美しいグラフィック
  • 完成度が高いシナリオ
  • 魅力的なキャラクター

主人公のティーダとヒロインのユウナは、FFシリーズの中でも屈指の人気キャラです。

テーマソング「素敵だね」を含めて良曲も多いです。

高い評価を得る名作として「HDリマスター版」が複数のゲーム機へ移植されています。

FF10のストーリー

FF10のストーリー

スピラという世界で文明を無差別に破壊する巨大な魔物シン

シンを倒す使命を負った召喚士のユウナと、彼女を守るガードたちの旅路がストーリーの本筋です。

ティーダ

主人公のティーダはスピラで1千年前に栄えたザナルカンドという街にいた人物です。

そのため、ユウナたちが生きるスピラのことを知りません。

プレイヤーはティーダの一人称視点でゲームを進めていくため、スピラのことをティーダと一緒に知っていく流れになります。

スピラの世界観
  • シンに怯えるスピラの人々
  • 召喚士は世界の希望
  • エボンという宗教が支配するスピラ

ストーリー重視な反面、進行が一本道な点は惜しい感じがします。

終盤まで途中の寄り道や進行の自由度はほとんどありません。

仲間が自然な形でティーダ(プレイヤー側)に世界観を説明してくれるところは良い点です。

ユウナとの恋愛

ティーダとユウナはシンを倒す旅の中でお互いに惹かれ合います。

しかし、中盤までティーダは究極召喚でシンを倒すこと=ユウナが死ぬことを知りません。

中盤以降のストーリー
  • ティーダはユウナが死なない方法を見つける
  • ユウナが助かる=ティーダが消えてしまう方法
  • ティーダは最後までこのことをユウナや仲間に伝えない

ティーダの一人称視点でゲームが進行するため、プレイヤーも最後はティーダと一緒に秘密を抱えることになります。

非常に上手いシナリオの魅せ方でした。

父・ジェクトとの関係

父と子の関係も大きな見どころです。

傲慢で自分をからかう父のジェクトに対して、ティーダは反発心を抱いています。

しかし、旅の中で以下の事実を知り、和解へと繋がっていきます。

ジェクトの事実
  • ジェクトがシンになったこと
  • ティーダを愛していたこと
  • アーロンにティーダを託していたこと

ティーダとジェクトに対して、ユウナとブラスカは健全な父と子の関係性です。

この辺りの対比もティーダとジェクトの不器用さを強調させています。

FF10のシステム

FF10のシステム

FF10のシステムは全体的にシンプルにまとまっています。

FF10のシステム
  • キャラクターによる得意な敵
  • スフィア盤によるキャラクター成長
  • 武器防具のカスタマイズ
  • 召喚獣の代理戦闘

キャラクターによる得意な敵

キャラクターによって得意な敵が異なります。

戦闘中のキャラ変更は即時可能でデメリットがありません。

キャラ変更を駆使して、各自が得意な敵を撃破。これがバトルを有利に進めるポイントになります。

単純に色々なキャラクターが使えるので、このバトルシステムは評価されていました。

スフィア盤

FF10ではスフィア盤というものを使用してキャラクターを成長させます。

スフィア盤
  • スフィア盤はすごろくのような盤面
  • 戦闘終了後にキャラごとにAPを獲得
  • APが一定値まで溜まるとS.LV(スフィアレベル)が上がる
  • S.LVの数だけスフィア盤のマス目を進める
  • 各マス目でステータス成長やアビリティ習得が可能

進行ルートは自分で選択できるので、ある程度キャラ成長の自由度はあります。

スフィア盤の内容は全キャラ同一なので、最終的にキャラの個性はオーバードライブ技と最強武器の性能差が大きくなります。

武器と防具

武器と防具はカスタマイズして強化するシステムです

武器防具のカスタマイズ
  • 武器防具にはスロットが存在
  • アイテムを使ってアビリティを付与
  • スロットの数だけアビリティを追加可能

普通にクリアを目指すプレイなら、それほど重要度は高くありません。

便利なアビリティはあるものの、どちらかというと面倒で取り回しの悪さが目立っていました。

初期装備か道中で拾った装備で最後まで行ったプレイヤーも多かったです。

七曜の武器

各キャラクターには、七曜の武器という専用の最強武器があります。

七曜の武器
  • 各キャラ専用の最強武器
  • 一部の性能は異なる
  • 印(聖印)を集めて強化していく

強化の鍵となるのは、ミニゲームの攻略となります。

このミニゲームには異常に難易度が高いものが存在しています。

雷避け
  • ルールーの武器強化に必要なミニゲーム
  • タイミング良くボタンを押して雷を避ける
  • 連続200回成功しなければならない

連続の成功なので途中で失敗したら1からやり直しです

総じて武器防具のシステムはイマイチな評価を受けていました。

召喚獣

召喚獣がパーティーメンバーの代わりに戦闘を行ってくれるようになりました。

序盤はパーティーメンバーよりも強く、ボス戦などでも活躍します。

中盤以降は召喚獣によるゴリ押しは通用しなくなるので、全体的にバランスは取れていました。

召喚獣の存在が重要な作品のため、これまでのシリーズ作品との差別化になりました。

まとめ

FF10のストーリーとシステムを解説しました。

多くの人を感動させたストーリーと美しいグラフィック。

ティーダやユウナの人気も高く、今もなお名作として評価が高い作品です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる